Home » こんなにいろいろ!空き倉庫のさまざまな活用法とは

こんなにいろいろ!空き倉庫のさまざまな活用法とは

いろいろな分野から注目が集まる空き倉庫

工場の移転などさまざまな理由で今は使われなくなってしまった空き倉庫。日本各地にそんな空き倉庫は沢山ありますが、今この空き倉庫がさまざまな分野で注目され、活用され始めています。まず何と言ってもニーズが高いのは、そのまま倉庫としての利用方法。最近特に増え続けている、ネット通販の需要に対応するために商品の保管場所の確保が重要となっています。そんなネットショップにとって空き倉庫は商品の管理にピッタリの物件といえるでしょう。物流業者の一時保管スペースとしての利用も多くなってきているようです。

リノベーションで倉庫をオフィスやショップに

次に注目されているのが、倉庫をリノベーションして活用する方法。リノベーションとは中古の建物の内装や間取りを新しく改築することですが、古い空き倉庫をリノベーションすることで会社のオフィスや喫茶店、インテリアや洋服のショップなどへと変えてしまうケースが多くなってきています。倉庫をリノベーションするメリットは、賃料が比較的安く済みその分設備投資に回せること、広い空間が確保できるのでショップやオフィスに最適なレイアウトが取れることなどがあげられます。

住宅やレンタルスペースへ、アイデア次第でさまざまに

倉庫を住宅にリノベーションする人も最近ではよく見られるようになってきました。内部がシンプルなつくりなので間取りも自由に取れるなど、中古住宅よりもリノベーションしやすいことなどが受けているようです。また、倉庫を自由なレンタルスペースとして活用する事例も増えています。レンタルギャラリーや音楽・撮影スタジオ、トランクルームとしての活用などさまざまな方面で自由度の高い空き倉庫が注目されてきています。いかがでしたか?この他にもさまざまな使い方が見直されてきている空き倉庫、アイデア次第で思いがけない利用法もありそうですね。

物流は私達が寝ている時でも24時間動いていますが、昼夜問わず働いているドライバーや倉庫スタッフのおかげですぐに荷物が届くので感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

Comments are closed.