Home » 話題の太陽光発電って実際のところどうなの?

話題の太陽光発電って実際のところどうなの?

太陽光発電ってどういうもの?

太陽光発電とは、自宅の屋根に太陽電池パネルを取り付けて、日光によって電気をつくることができる発電方法です。つくった電気は家庭で使用し、余った電気は電力会社に売ることができます。停電になった際も、太陽さえあれば電気を使うことができるシステムで、環境にもやさしく、経済的にもメリットがあると言われているシステムです。現在は多数の会社が参入しており、日々発電性能の改善が進んでいて、国際競争も激しくなっています。

太陽光発電の設置コスト

設置にあたっては、国から補助が出ます。温室効果ガスの削減に効果があるということで、国の補助金が設定されているのです。気になる工事費ですが、キロワット辺り40万円前後が相場と言われています。電気パネルだけではなく、さまざまな補助システムと同時の購入になるので、全体の費用となると100万円前後はかかると見たほうが良いでしょう。ただし買って終わりではなく、その後も電気を生み出すことの出来る生産的な設備ですので、そのあたりをどう考えるか、ということになります。

メリットとデメリット

メリットはやはり停電にも強いこと、いらない電気を売ることが出来ること。そしてなにより地球温暖化に貢献できるクリーンエネルギーであることでしょう。デメリットとしてはやや設置費用がかさむことですが、現在は国から補助金が出るのでそれをどのように考えるかによって違ってきます。とはいえ、月々の電気代は間違いなく減りますし、その点については各メーカーが詳細なシミュレーションを用意しているので、それを見てから考えると良いでしょう。

少し前と比べて、太陽光発電の導入件数が増えています。そのため太陽光発電の価格も安価になってきました。

Comments are closed.