Home » 基本を大切に。営業で迷ったら初心に立ち返ろう

基本を大切に。営業で迷ったら初心に立ち返ろう

お客様の真意を聞きだそう

営業とは、お客様に商品を勧めることですが、闇雲にいろんな商品を勧めていても成約に結びつかないでしょう。お客様が本当に必要としている商品をお勧めできれば、もちろん成約に結びつきますし、なにより絶大な信用を勝ち得ることもできるでしょう。これは営業の基本中の基本ですから、常に心がけておく必要があります。お客様から本音を聞きだすことは、簡単なことではありませんので、信用や実績を積み重ねることが本音を聞きだす近道だと言えます。

お客様自信も分かっていないことが多々ある

明確に欲しい商品や、必要とする商品・サービスが分かっているお客様には、営業は必要ないのです。なぜなら、そういったお客様は自分で必要とする商品やサービスを購入できるからです。ですから、営業を必要としているお客様は、実際に自分が必要としている商品やサービスに対して漠然としたイメージがあるだけの場合がほとんどです。そんな漠然としたイメージを、より正確に明確にイメージしてもらうことも、営業の仕事の一つだと言えます。

お勧めすることが営業です

商品やサービスの説明を延々と続ける営業マンがいますが、これは営業の仕事を果たしているとはいえません。説明だけならネットで十分な場合すらありますし、概ねお客様も知っている場合もあります。営業の仕事の本質は、商品やサービスの説明ではなく、商品やサービスをお勧めすることなのです。出来る営業マンほど、的確なタイミングでお客様に商品を勧めているでしょう。ですから、営業の仕事は、何も口がうまい人間だけが出来るわけではなく、相手の気持ちを察することが出来る人間の方が向いているといえます。

営業代行業者を活用することで、商品やサービスを効率的にセールスすることができます。利用する前に費用の見積もりを依頼するのがポイントです。

Comments are closed.