Home » 知られざる太陽光発電の最も効率の良い活用方法

知られざる太陽光発電の最も効率の良い活用方法

なぜ太陽光発電は増えたのか

再生エネルギー買取法案が可決され施行されてから、日本国内では、どこに行っても大規模から小規模な太陽光発電のソーラーパネルを目にするようになりました。この法案は、太陽光発電などの、自然エネルギーを利用して発電した電気を、電力会社は買い取らなければならないというもので、それにより、太陽光発電を行う方が、個人法人問わず爆発的に増えた訳です。電気を売る時の売電価格は年々下がっていますが、それにも関わらず、ソーラーパネルを設置する方は増えています。

太陽光発電のメリットはこれ

太陽光発電が増えた最大の理由は、売電にあります。太陽光発電で作った電気を、電力会社が買い取る事が法律で決まっていますので、ソーラーパネルさえ設置すれば、電力の売り先に困ることはなくなります。企業を例に考えると、仕入れた商品を100パーセントあらかじめ決められた値段で完売出来るということですから、リスクがほとんど無いといえます。強いて言うならば、発電量が天候に左右されますので、天候リスクが唯一あるくらいです。

太陽光発電の今後の発展の可能性

現状、日本国内で太陽光発電で作られた電気は、一旦電力会社が買い取る仕組みになっています。例えば、家庭の屋根に設置されたソーラーパネルで作られた電気は、一旦電力会社が買い取り、家庭で使う電気は電力会社から買うという仕組みになっています。これは、家庭で使う電気代よりも高い値段で、電力会社が電気を買い取っているから可能な仕組みです。電気の買取価格が下がるにつれ、自分で作った電気を自分で使うために、つくった電気を貯めておく蓄電池の普及が今後は予測されます。簡易的な蓄電池としては、自動車メーカーが販売している電気自動車が有名です。

フォーアールエナジーは家庭向け蓄電池を利用したエコシステムを販売しています。夜間の安い電力をためて、昼間に使用するのが基本です。蓄電池から放電するタイミングを切り替えることで効果的な売電もできます。

Comments are closed.