Home » 社員研修で社内における業務改革を進める方法

社員研修で社内における業務改革を進める方法

階層別に社員研修を行う方法

業務改革の研修を行うには、組織の階層別に集まってもらって研修を行うのがベストです。組織は階層に寄って業務に違いがあるため、管理職クラスと一般職クラスを一か所に集めて研修を行っても具体的な研修ができません。例えば、省エネを進めるための研修などでは、一般職の集まりではコマメに電気を消すことがテーマになっても、管理職クラスでは電力会社の比較検討や照明器具の年間エネルギーなどの研修になります。中間管理職クラスなどは、年間の掃除回数、掃除道具などがテーマになります。

部署を横断してプロジェクトを設置して行う方法

5年から10年先を予想して社内の改革案を提案させようとする研修には、部署間を横断して選抜の研修を行います。部署内で済む程度の改革であれば、各部署内で行えばよいのですが、会社となれば組織も大きく絡んできます。そのために、組織図の各部署から数名選抜して研修を行います。この選抜には、階級には関係なく一般職・中間管理職・管理職、また役員クラスまでを含めて人選をします。今年入社した新人なども選んで、自分たちの会社の将来をどのように切り開いていくのかをまとめさせるのです。

提案制度を導入し案件の書き方研修を行う方法

社内で目安箱や提案制度を導入して、社員一人ひとりの意見を聞こうという制度を取り入れている会社は多いものです。しかし、これは導入は簡単なのですが実際に投書する人は少ないが現状です。また、最初は面白がって出していても3ヶ月も過ぎればゼロに近くなります。導入前に何のために制度を導入するのかの研修を行う必要があります。そうして、制度用紙の書き方を説明しなければなりません。半年経過したところで、更に経過研修で具体的な内容とその結果どうなったのかを説明することです。

会社が大きくなれば、管理職の人の存在が大きくなります。そのため管理職研修を行うことが必要不可欠です。多くのコンサルの会社が研修を行っていますので、ぜひ実践してみて下さい。

Comments are closed.