Home » ベンチャーやスタートアップも社会のルールに従うのが起業の第一歩!

ベンチャーやスタートアップも社会のルールに従うのが起業の第一歩!

起業法は時代によっても異なる

起業は、1人で始める方もいれば、株式を引き取る方を募ってから始める方もいて方法は様々です。ベンチャー企業が注目された後に話題になったのがスタートアップです。ベンチャー企業では起業目的が明確でしたが、スタートアップでは金儲けが出来れば職種に拘らず、永続して経営を行う気もサラサラなく、経営権を売ってお金にすることが最終目標になっていました。起業するだけであれば、学歴や資格の有無は関係ありませんが、賛同者の理解を得るには経歴は重要になります。

制限行為能力者でも起業は可能

法人化する場合は、商業登記をして信用を得る必要がありますが、単に起業するだけなら正常な意志さえあれば可能です。起業をしても信用がなければ事業としては成功しないので、商業登記など適性手続きを経るのが起業の第一歩です。制限行為能力者(未成年者や成年被後見人など)でも、後見人の登記を行うことで商売ができるようになるので、商業登記の信用力は高いと言えます。反面、商業登記をしない者は、信用力を問われ、商売が成り立つことはありえません。

商業登記から信用度が伺える

商業登記には、取締役や監査役等を載せなくてはなりませんが、家族(身内)の氏名を記すようでは、社会での信用力も高が知れていることを世間に公表するようなものですから、安易に家族の氏名を記すのは考えものです。起業する際に重要なのは、金融機関選びです。都市銀行と地方銀行では、取引き規模が異なるので、事業規模に応じて金融機関を選びます。地方銀行から初めて事業が拡大したら都市銀行に乗り換えることは少なく、事業が拡大しても地方銀行をメインバンクにすることが信用に繋がります。

フランチャイズは、数ある経営の手法の中でも、倒産のリスクが低いことや、資金を集めやすいことが特徴です。

Comments are closed.